ミリオン協同組合・小松安全研修センター

外国人技能実習・特定技能一号の受け入れサポート

  • 特定技能_修正

HOME ≫ 外国人労働者支援  (特定技能) ≫

2030年、人手は 644万人不足する

リニューアル
推計の結果、2030年には、7,073万人の労働需要に対し、6,429万人の労働供給しか見込めず、「644万人の人手不足」となることが分かりました。

産業別において、特に大きな不足が予測されるのは、サービス業、医療・福祉業など、現在も人手不足に苦しむ業種であることが分かりました。


これらの業種は、少子高齢化やサービス産業化の進展により今後も大きな需要の伸びが予測され、労働供給の伸びがそれに追いつかないと考えられます。

 
引用:パーソル総合研究所・中央大学「労働市場の未来推計2030」より

特定技能とは

特定技能とは設備投資による生産性向上や国内で人員募集の取り組みを行っでも尚、人手不足に直面する特定産業14分野において外国人材の受入を認める制度です。
特定産業14分野
特定技能1号
特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を要する外国人向けの在留資格
在留期間通算で上限5年間

特定技能2号
特定産業分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格        
在留期間上限なし、家族帯同要件満たせば可
 
特定技能に関して子細はこちらをクリック 
出入国在留管理庁_コピー

外国人材紹介サービス

外国人紹介サービス

特定技能 受入申請・支援業務委託代行

特定技能1号外国人を受入の企業様(受入機関)は「特定技能1号」の活動を安定的かつ円滑に行う目的で「特定技能1号支援計画」(職業・日常生活又は社会生活上の支援。)を作成し、当該計画に基づき支援を行わなければなりません。


特定技能1号支援計画概要
特定技能受入申請

「登録支援機関」とは

特定技能1号外国人を受入の企業様(受入機関)は「特定技能1号支援計画」の全部「登録支援機関」に委託する事が出来ます。

登録支援機関は受入機関との支援委計画により、支援委託計画に基づく支援の全部を実施
登録支援機関は法務省出入国在留管理庁での申請認可登録が必要
登録支援機関は法務省出入国在留管理庁に対し、定期又は随時の各種届出を行う必要

「登録支援機関」とは

お問い合わせ

お問い合わせ下

モバイルサイト

ミリオン協同組合スマホサイトQRコード

ミリオン協同組合モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!